< Back

建築金物>フリーウェイ


施工方法
各パーツ部材はこちらから 
レール パーツ 工事セット

最も一般的なリターン付け。
ドレープ用レールのエンドに壁面ブラケットを使用。
ドレープ用レールはレース用レールよりも両端を約
5cm長くして加工・取付ける。

出窓への取付け。
色々な種類の出窓でも形状に合わせて曲げて取付け可能。
出窓の種類・取付け加工方法は表紙・裏表紙面を参照。

バランスレールとしての取付け。
トリプルブラケットを使用することで、ドレープ+レースのダブル付けバランスレールとして使用可能。

レール交叉取付け。
レールを交叉させて取付けることで、遮光性が高くなる。
曲がるレールのフリーウエイだからできるレール交叉付け。


会社概要

商品情報

LINK